激動の幕末・維新期、新政府の外交交渉を担い奔走した宗城の直筆日記! 『伊達宗城在京日記』に未収録の一級史料を原文翻刻とともに現代語訳を付け初公開!

『伊達宗城公御日記 慶應三四月より明治元二月初旬
 ─慶応四年三大攘夷事件関連史料 その一─』

『伊達宗城公御日記 慶應三四月より明治元二月初旬
 ─慶応四年三大攘夷事件関連史料 その一─』

監修:宇和島伊達文化保存会
編纂:近藤俊文・水野浩一
   [宇和島歴史文化研究会]


A5判並製
120頁・口絵2頁
本体1,600(税別)
ISBN978-4-902416-35-0


 宇和島伊達文化保存会には、宇和島藩伊達家初代藩主秀宗から九代藩主宗徳にいたる判物、系譜・系図・履歴、辞令書、建白・意見書、藩主直書、書翰・日記、及び藩政全般にかかる諸史料など、約4万点の大名家文書を保管されている。また、これらの原史料とは別に、筆写された稿本史料が、「藍山公記」と題する八代藩主伊達宗城の伝記稿本181巻をはじめとして1,500点近く残されている。
 本叢書は、これらの原史料及び稿本史料から、七代藩主宗紀、八代藩主宗城、九代藩主宗徳の時代に焦点を充てて興味深いものを精選し、シリーズとして発行するものである。
 第3集は宗城が幕末、いわゆる四藩会議のために着坂した慶応3年4月12日に始まり、 堺港攘夷事件が決着をみた慶応4年2月13日までの出来事を綴った直筆日記である。
これは、この時期に勃発した二大攘夷事件、すなわち備前藩による神戸事件と土佐藩の堺港事件を、明治新政府の外交責任者として外国公使団との交渉に臨んだ宗城の臨場性・迫真性みなぎる克明な記録である。これまで未公刊史料として埋もれていたものであり、研究者のみならず歴史愛好家には必見である。
 本書では読者の要望に応えて、原文翻刻のほかに現代語訳を併載し、内容がより理解できるように努めた。


〈本書の内容〉

●第三集発行によせて(宇和島伊達文化保存会理事長・伊達宗信氏)
●史料(翻刻・現代語訳)
 「伊達宗城公御日記 慶應三四月より明治元二月初旬」(近藤俊文・水野浩一)
●【解題】「慶応三年から四年初頭における伊達宗城日記類の基本構成」(水野浩一)
●【解説】「歴史史料としての『御日記 慶應三四月より明治元二月初旬』」(近藤俊文)


刊行案内トップへ