田中義一関係文書


転換期の政治・軍事・社会運動の実証的研究に不可欠な史料群



田中義一関係文書

【山口県文書館所蔵】
編修 岩壁義光(宮内庁書陵部編修調査官)    小林和幸(駒澤大学助教授)    広瀬順晧(駿河台大学教授) ●マイクロフィルム:26リール 本体価格600,000円(税別) 別冊(目録・主要史料一覧/A5版・202頁)付き


 山県有朋を頂点とする長州閥の直系として、陸軍の中枢部を歩んだ田中義一は、 のちに政界に転じ、立憲政友会総裁として首相に就任した。その間の外交・内政両面にわたる施策には 厳しい評価が下されているが、大正から昭和初期にかけての転換期の政治・軍事・社会運動の過程を実 証的に追求するためには欠かせぬ人物である。
 しかし、田中義一に関する系統だった研究の蓄積は乏しい。それには史料利用上の制約も大きいように思われる。本企画は、田中義一に関する基礎史料を学界に提供し、田中義一とその時代の歴史的位置づけを再検討し、近代日本政治史研究の深化に寄与せんとするものである。

主な収録史料


近代日本政治史料修正TOPへ